栗村博士の発明品(第4話) | ★デイリー・ロク★
|admin|RSS1.0| Atom0.3| はてなアンテナに追加| My Yahoo!に追加| Googleに追加|
「ゴキゲンに生きる」3000の知恵
おちゃらけ家族10年間の記録まだまだ更新中

栗村博士の発明品(第4話)

「昨今のクルマは、目がよくない」
後部座席でふんぞり返りながら
栗村博士は例の調子で喋っていた。

「はぁ。目ですか」
助手席の男がうんざりしたふうで応答し、
運転席の男に
苦笑いしながら目配せをした。

しかし構わず博士は大声で喋り続けた。
「ヘッドライトのことじゃよ。
 どれもこれも、ヤクザが
 ガンを飛ばしとるような目つきじゃないか」

「はぁ」

「それに比べ、昔のクルマは良かった
 愛嬌のある丸いかわいい目をしとった」

「あの…」

「それでワシは考えたんじゃ、
 クルマの『マユゲ』をな」

「え、マユゲですか?」

「そうじゃ。ヘッドライトの上に、
 運転者の心理状態に合わせて動く
 『マユゲ』を取り付けるんじゃ。
 運転者がリラックスしているときは
 クルマの眉も下がって柔和な表情になり、
 緊張しているときは
 クルマの『眉尻』もつり上がるわけじゃ。
 そしたら
 クルマどうしのコミュニケーションが
 ものすごくスムーズになるから
 事故も格段に減るはずなんじゃ」

「あの…」

「そもそも、事故の原因の多くは
 『思い込み』と『イライラ』じゃからな。
 そうそう事故原因といえば、
 ケータイを使いながら運転をする馬鹿者が
 まだ大勢おるな」

「あの、栗村さん?」

「バックミラーでそういうヤツが後続車だといつ追突されるかと不安でかなわん。そこでじゃ。ワシは考えたんじゃ。電光掲示板をクルマの尻に後ろ向きに取り付けてな、ほれあの文字の流れるやつじゃ。そして、そういう不心得者をバックミラーで発見したら運転席でボタンを押す。そしたら電光掲示板に『直ちにケータイの使用をやめなさい! さもないと通報しますよ!』などと表示が   

「く・り・む・ら・さん!」

運転席の男が、博士を振り返って
厳しい顔をしていた。

「な、なんじゃ」
栗村博士はひるんだ。

「書類ができましたので、
 ここに左手の人差し指で拇印を」

「うむ」

「シートベルト未装着なので
 今回は減点1だけですから、
 罰金はありませんのでね」

「うむ、すまんかった。
 ときにお巡りさん、さっきの話しじゃが」

「栗村さん、われわれも忙しいんです」

「電光掲示板のアイデアを
 警察で買ってくれんか」

「無理です」

「そうか…。
 それにしてもドアは自動で開かんのか」

「タクシーじゃないんです。
 パトカーですから」
助手席を降りた警官が、外から
後部ドアを開けながら言った。

「パトカーのドアが自動で開いて何が悪い。
 そういう固定観念が
 世の中の進歩を止めるんじゃ」

警官は物も言わずにパトカーに乗り込み、
そそくさと逃げていった。

「ふん」

博士は時計を見た。

せっかく助手のレイコを食事に誘ったのに、
約束の時間を1時間以上も過ぎている。

レイコは怒って帰ってしまったに違いない。

栗村博士の春はまだ遠い。




にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
| 掌編小説 | | comments(0) |

コメント

コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。




最近の記事
リンク
ブクログ
栗村博士の発明品
栗村博士の発明品  

 

Twitter
PR
アーカイブ
その他